2008年09月30日

不動産の正しい売り方(3)

「不動産の正しい売り方」の続きは、


下記のブログで連載中ですので、そちらをご覧ください。

シニアライフ・相続・外国人サポート・・・横浜の行政書士ブログ
http://www.gyoseishoshiblog.com/ariake/

 または
右下のリンク集「シニアライフについてのブログ」クリック!
posted by ariake at 15:19| シニアライフ

2008年09月22日

不動産の正しい売り方 「適正な価格」第2回

9月19日「適正な価格」のつづきです。


よく、この辺の相場は、坪70万だとか100万だとか

言いますが、あくまでこれは「平均的な物件」を前提

にした話です。

例えば、隣の土地Aが坪100万円で売れたから

自分の土地Bも同じ値段で売れるかというと、

そう簡単には言えません。

A土地は間口も広く、しかも角地。

B土地は旗竿状の土地で、車庫入れも難しい。

こういう条件の場合、Bの評価はAの6〜7割に

なったりします。

Bのような土地を「路地状敷地」といったり、また

業界では「専通」(専用通路の略)などと言い、

一般的には低く評価されます。

この他、敷地と道路との高低差、前面道路の幅員、

日当たりなどで評価は変わってきます。

不動産というものは、ひとつとして同じものは

ありません。ですから民法でも「特定物」として

扱われているのです。

つづく



posted by ariake at 19:40| シニアライフ

2008年09月21日

遺言と任意後見契約

遺言を書かれる方が年々増えています。

書店に行くと、「やさしい遺言の書き方」だとか

「エンディングノート」というタイトルの本がたくさん

並んでいます。

ご自分の死後に家族にメッセージを残したり、

相続争いが起きないように手当する意味で

遺言を書かれることはとても良いことだと思います。


一方、認知症患者数が全国で約200万人という

推計もあるように、長生きすれば自分が認知症に

なる可能性が高くなることも考える必要があるでしょう。

そこで、自分が認知症になった場合に備えて、

判断能力が十分なうちに「任意後見契約」を結ぶこと

も有効です。


死後のことは「遺言」で、死ぬ前の認知症の期間は

「任意後見契約」で手当しておくことで、将来を憂うこと

なく安心して充実したシニアライフが送れると思います。


任意後見契約の詳細については、また別の機会に・・・。

posted by ariake at 11:16| シニアライフ

2008年09月19日

不動産の正しい売り方(1)基礎編「適正な価格」

高齢の方が老人ホームに入居されたり、

あるいは、相続が発生したとき、

やむを得ず家を手放すことはよくあることです。

そこで、「正しい!?家の売り方」についてお話しましょう。


(1)基礎編
何が正しいのかは、いろいろご意見もあるでしょうが、

基本は@「適正な価格」でA「迅速に」売ることです。

@「適正な価格」とは?

不動産の価格といっても、路線価や公示地価、

実勢価格など、その目的によって数種類あります。

一般の方が自宅を売る場合の適正価格とは、

「実勢価格」つまり、「実際に売れている価格」

であるべきです。

では、実勢価格というものはどのようにして

調べたらよいのでしょうか?

これは、地元の不動産会社に聞くしかありません。

不動産価格評価のプロといえば、不動産鑑定士さん

ですが、その鑑定士さんが実勢価格を調べるときで

さえ、実は地元の不動産屋さんに相場を聞いている

のです。


しかし、地元の不動産屋といっても、

大手不動産販売会社から個人の不動産屋まで

それこそピンキリです。

基本的には、そのエリアで取扱件数の多い会社

が売れている価格の情報を多く持っているので、

大手に限らず、そのエリアでの取扱い件数の

多い会社に聞くのがよいでしょう。


つづく・・・



posted by ariake at 20:38| シニアライフ

2008年09月16日

ボケないための十カ条!

昨日は敬老の日。

総務省の統計によると、現時点での70歳以上の推計人口

が初めて2000万人を超えたとか・・・。

さらに「高齢者」とされる65歳以上は総人口の22.1%

になり過去最高を更新。

しかし、それと同時に認知症高齢者数は200万人を突破

したという推計もあります。

そこで今回は、認知症を予防するための十カ条をご紹介!

1.気を若く、いろんなことに関心をもつ
2.いつも細やかな気配りをする
3.できるだけ趣味をもつ
4.よく運動をする
5.塩分をとりすぎない
6.動物性脂肪をとりすぎない
7.血圧のコントロールに気をつける
8.深酒をしない、タバコは吸わない
9.定期検診をうける
10.筆まめに

(植木彰著「アルツハイマー病がわかる本」より)

私も、この十カ条を守って、100歳まで現役で頑張りま―す(^^)

えっ!?高齢化を進めるからダメ?(++)
posted by ariake at 21:36| シニアライフ

2008年09月09日

「社長、曰く」(2)…「背空の陣」…?

「社長、曰く」第2回目は、

日本セラミック鰍フ谷口義晴社長の「背の陣」です。

ん…?と思われますよね。

「背水の陣」の間違いではないのです。

その意味するところは、

…背後には水も何もない、
決死の覚悟で何事にも取り組む…

というものだそうです。

元々、背水の陣とは、漢の韓信が井ケイ口を背にして

少数の兵で陣取り、趙の20万の大軍を破ったという

故事から、絶体絶命のピンチで死力を尽くして戦う

という用い方をされるようになった言葉です。





谷口社長としては、決死の覚悟をさらに強調するために

水ではなく「空」という表現を使われたのでしょう。

また、経営者の独創的なセンスというものも感じます。

「社長、曰く」でも、谷口社長の「背空の陣」以外に、

「温故知」〜滋賀特機鰹纐和男社長
「共共栄」〜アミューズ叶ヤ木八寿夫社長

など、ひとひねりしてある座右の銘もあります。


日本セラミック鰍ヘ、世界No.1のシェアを誇る

焦電型赤外線センサーなどを開発した鳥取市

にある世界的メーカーです。

あまり一般には馴染みのない会社ですが、さすが

世界に通じるメーカーの経営者の感覚は、厳しいもの

だなと思います。


ちなみに…私の場合、後ろが断崖絶壁なのは薄々

感じていながら日々現実から目を背けているので、

「背目の陣」…ですか(。。)

posted by ariake at 20:32| 企業・経済

2008年09月03日

ニッポン男児の行く末は…?

近頃、運転中や道を歩いてるときによく見かけ
るのが運送会社のトラックの女性ドライバー

中には10トンクラスの大型トラックを運転して
いる女性もいます。

今やパワステが当たり前なので、昔のように
大型トラックの運転に腕力が必要なくなった
とはいえ、男性でも難しい大型免許を取得す
るだけでも大変なことだし、何より圧倒的に
男性が多い職場に飛び込んで行く勇気は
素晴らしいと思います。

なぜ彼女たちは、決して楽な仕事とは言えない
トラック運転手という職業を選択したのか?
十代から車が好きだった、かっこよい…
という理由もありますが、最も多い理由は
同世代の女性に比べて、給料が高い!
というものです。
女性が仕事をすることが当たり前の時代と
なった現在でも、特別な資格や技能を持って
いない女性は、男性に比べて賃金が低い
のが現実です。
そういう労働環境にあって、大型免許を取れば
男性並みの給料が得られる、運送業界は
魅力的なのです。
だから、彼女たちは頑張るのです。



さて、ひるがえってニッポン男児…!

いわゆる「3K職場」から若い男性がいなくなり、
代わりに年々、外国人労働者が増えています。

男性から見ると、そのような職場は仕事が
キツイわりに低賃金ですから、なかなか定着
しないという事情もあるでしょう。

しかし、若い時には体も動くし、やり直しもきく
ということを考えれば、もう少し我慢して勤めても
良いのではと思ってしまいます。
「若い時の苦労は、買ってでもしろ!」などという
セリフは今では死語と化してしまったようですね。


先のオリンピックで、男子のメジャースポーツの
種目がダメで、女子のマイナースポーツが活躍
したことがダブるのは偶然ではないような気がし
ます。

独断と偏見で言えば、
「男の子甘やかされすぎ・・・!」
という感じです。

おととい辞めると言った政治家も、去年辞めた
人も、所詮ボンボンですよね。
ちょっと、行き詰まると投げだしちゃう(::)

次やるって言ってる人も、負けず劣らずボンボン
だからなあ…。期待できません(。。)

マイノリティは、気合が違いますよ(^^)
女性をマイノリティと呼ぶことには、異論もある
でしょうが。


ということで、次の総理大臣は初の女性首相!?
・・・が良いのではないかと思います。

アメリカもそういう方向だし・・・。

いかがでしょうか・・・?
posted by ariake at 16:57| 日記

2008年09月02日

総理曰く…「投げ出しま〜す」

昨日「社長、曰く」で「人間到る処、青山あり」
という言葉をご紹介しましたが、我が国の
トップ経営者には、「首相官邸に骨を埋める」
という覚悟はなかったようですね!?

国民として、とても悲しく、また情けない気が
します(:;)

いろいろと内輪の事情もあるでしょうが、
経営者は様々な困難や障害を乗り越える
ことが任務であり、また宿命であるはず…。

そんなに簡単に投げ出さないでほしいです。

とにかく、次の人には、「死に物狂いで」
国政を担って欲しいものです。

当然「選挙」に勝った人に…ですが(−−)

posted by ariake at 17:40| トピックス

2008年09月01日

座右の銘「社長、曰く」(1)

8月25日付の日経新聞に、Canonが「社長、曰く」
と題する一面広告を出していました。

全国の企業の社長さんの座右の銘を掲載したもの
です。

有名な故事成語やことわざもあれば、聞いたことは
あるけど、意味は知らない…というものもありました。

そこで、今回から何回かに分けて、その中からいくつ
かをピックアップしてご紹介しようと思います。

第1回は、浜松の工作機械メーカー「エンシュウ梶v
代表取締役中安茂夫氏の「人間到る処、青山あり」

「人は、どこで死のうと骨を埋める場所は到る所にある。
狭い故郷に閉じこもらず、大望を抱いて故郷を離れ、
ここが自分の死に場所と心に決めて、その土地で充分
な活躍をすべきである」(昭文社刊:故事ことわざ辞典)

「青山」とは、骨を埋める土地を意味します。

中安社長の略歴は分かりませんが、ある時期に
「ここで死ぬまで頑張るんだ!」と決意をした転機
があったのでしょうね!?

どんな人でも迷いなく一生頑張れるものではないでしょう。

ちなみに、私は横浜を青山と決め、骨を埋める覚悟です。
(^_^)v

最後に「エンシュウ株式会社」は、設立88年に及ぶ老舗
工作機械メーカーで、ヤマハのエンジンなども制作して
います。
設立当初は、織機を作っていたようですから、あのトヨタ
と同業だったわけです。老舗企業の歴史を感じます。
posted by ariake at 20:24| 企業・経済
Powered by さくらのブログ